SR1400シリーズ

標記塗料は、2液硬化型のハイブリッド塗料です。SR2100クリアーの専用プライマーとして使用できます。各種素材、高耐久を目的とした塗り替え仕様等、様々な用途に展開することも可能です。

工業製品のコーティング剤としてに

工業製品のコーティング剤として

電子機器筐体の保護剤として

電子機器筐体の保護剤として

各種プラスティック用ハードコートとして

各種プラスティック用ハードコートとして

家電・精密機器の保護に

家電・精密機器の保護に

各種メッキ、合金メッキのオーバーコートとして

各種メッキ、合金メッキのオーバーコートとして

内装壁保護コーティング剤として

内装壁保護コーティング剤として

床のコーティング塗装

床のコーティング塗装

クロスなどの内装材に防汚効果を

クロスなどの内装材に防汚効果を

特長

  • 高硬度で耐擦傷性・耐摩耗性に優れています。
  • 耐候性・耐汚染性・耐薬品性に優れています。
  • 各種プラスティック用ハードコートとして使用できます。
  • 光触媒用プライマーとしても使用可能です。
  • 各種メッキ、合金メッキのオーバーコートとして金属光輝感が向上します。
  • 帯電防止効果があります。
  • UV機能を加えることもできます。

詳細仕様

製品名 SR1400
Normal
SR1400
Super
概要 成膜後は非常に高硬度で、耐久性・耐候性・耐薬品性・耐摩耗性・耐汚染性に優れたハードコートを形成することができます。
特にプラスティック用ハードコートとして種々の用途に使用できます。
プラスチック・家電・精密機器の保護に。高硬度タイプです。
用途

家電プラスティック成型品
電子機器筐体/自動車部品/精密機器

調合方法 主剤:硬化剤=10:1
シンナー希釈率 50〜80%(重量比)
塗装粘度 9〜12s/HIS NK-2
ガン口径 1.3〜1.5mmφ
空気圧 0.3〜0.4MPa(3〜4kgf/cm2
強制乾燥 80℃×30分
指触乾燥 30分(20℃)
硬化乾燥 24時間(20℃)
完全硬化乾燥 5日間(20℃)
標準膜厚 5〜10μm
塗布量 0.04kg〜0.06kg/m2

塗膜性能

塗料:SR1400クリアー/乾燥:80℃×30分乾燥、20℃×2週間放置後供試/膜厚:6〜8μm

試験項目 試験条件 結果
SR1400
Normal
SR1400
Super
鉛筆硬度 三菱鉛筆ユニを用いて塗膜硬度を調べる。 4〜5H 8H
付着性試験 碁盤目テープ法 1mm方眼100個作成
セロテープ剥離テスト(付着目数)/100
100/100
耐屈曲試験 屈曲試験器にてφ24mm棒を使用し、180度折り曲げ後の塗膜状態を目視にて調べる。 異常なし
耐摩耗試験 テーバー摩耗試験(W=500g、摩耗輪:CS-17、200回転) 2mg以下
耐水試験 水道水、7日間浸漬(20℃) 異常なし
耐アルカリ試験 0.1%水酸化ナトリウム水溶液スポット、24時間(20℃) 異常なし
耐酸試験 0.1%硫酸水溶液スポット、24時間(20℃) 異常なし
耐溶剤性 ラビングテスト
(4.9N荷重/10往復)
エタノール 異常なし
ベンジン 異常なし
無鉛ガソリン 異常なし
トルエン 異常なし
酢酸エチル 異常なし
耐汚染性 常温下
24時間放置
マジック(黒、赤、青) エタノール拭き 異常なし
マジック(黒、赤、青) 乾布拭き取り 跡が残る 異常なし
醤油、乾布拭き取り 異常なし
ソース、乾布拭き取り 異常なし
ケチャップ、乾布拭き取り 異常なし
口紅、乾布拭き取り 異常なし
帯電性 ポリエステル布で摩擦(4.9N荷重、20分後) 帯電圧半減期 1分
促進耐候性 サンシャインウェザオメーター(1,000時間)光沢保持率 80%以上
  • 異常なし=状態に変化がないこと
  • 上記数値は参考値であり、規格値ではありません。

帯電性データ

ポリエステル布で20回試料を擦る(室温:23℃/湿度:44%/測定距離:25mm)

塗料 SR1400 他社ウレタン塗料
帯電圧 3.39KV 3.38KV
帯電圧半減期 1分 15分

SR1400シリーズの施工上の注意

  • 素材表面の油脂分、水分など有害な付着物は完全に除去して下さい。
  • 塗料の保管は、冷暗所に置いて下さい。また湿気で硬化が進むので、容器は必ず蓋をして下さい。
  • 主剤と硬化剤は、上記塗装条件の割合で正確に調合し、十分に攪拌して下さい。
  • 混合後の塗料は、下記可使時間内に使い切って下さい。

粘度変化 (温度:20℃)

温度 5℃ 10℃ 20℃ 30℃
調合後の可使時間 24時間 12時間 8時間 4時間
指触乾燥時間 60分 40分 30分 20分

C-1グラス全製品共通の施工上の注意はこちら

C-1グラスの機能比較、製品へのコーティングメリットなど
詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら