ファイアーシールド

不燃化処理剤 ファイアーシールド

木製品の不燃化

木製品の不燃化

防火・防災

防火・防災

防火・防災

防火・防災

特長

ファイアーシールド SOFTタイプ 特長

  • 特徴紙等の風合いが良い。白化しない。木材への浸透が良い。
  • 木材へはローラー、ハケ等で染込ませます。繊維等へはスプレーにて塗布可能。
  • 消火剤としてスプレー消火可能。

SR500 FR 塗布型準防炎塗料 特長

  • 厚膜発泡型防炎塗料、耐水性。
  • 外壁使用時、シーラー、微弾性シーラーの上から塗布。トップカラーコートは他社商剤でも可。

詳細仕様

製品名 ファイアーシールド SOFTタイプ SR500 FR 塗布型準防炎塗料
概要 無色透明タイプ (水性タイプ) 含浸加工用 外壁用として使用。
カラー:日本工業塗料色見本対応(クリアーは白く濁るので、カラー対応での販売)
用途

木材、ポリエステル繊維、セルローズ系繊維、合成繊維、紙製品等への含浸加工

防炎基準以前に立てられた家を塗り替え時に防炎使用に変更。発泡スチレンや発泡ウレタンの防炎塗装。

不燃試験

合板に対する不燃試験

合板に対する不燃試験

合板に対する不燃試験を財団法人日本建設総合試験所で行い、上記のような結果が得られました。 国土交通省の正式な「準不燃」認定になり、「合板の準不燃」を実現しました。 (クリックすると拡大します)

不燃剤を使用した燃焼実験

写真左が不燃処理済み、写真右が未処理

試験体:い草

不燃剤を使用した燃焼実験 試験体:い草

(着火から約20秒)

試験体:布(タオル)

不燃剤を使用した燃焼実験 試験体:布(タオル)

(着火から約10秒)

試験体:段ボール紙

不燃剤を使用した燃焼実験 試験体:段ボール紙

(着火から約20秒)

試験体:杉の合板

不燃剤を使用した燃焼実験 試験体:杉の合板

(着火から約1分後)

不燃剤を使用した燃焼実験 試験体:布(タオル)

(着火から約3分後)

財団法人日本防災協会 防炎試 第NUIO-11006号

冷却希釈作用 燃焼時の吸収分解反応より、H20、CO2、NH3等のガス発生(冷却作用)
発生ガスは、対象表面からの可燃性ガスの濃度を下げます。(希釈作用)
触媒効果 K、Naなどのアルカリ金属塩は古くから燃焼制御剤と知られ、酸化反応促進(触媒効果)し、火炎を生じさせず炭化する働きがあります。
炭化促進 リン酸アンモニュウムはセルロース(木、繊維、紙等)と反応・リン酸エステルを生成し炭化を促進します。

ファイアーシールドの施工上の注意

    • グラスコート自体は不燃性ですが躯体は不燃性ではありません。グラスコートに混合する事により、躯体の不燃、外壁の防炎が同時に行えます。

C-1グラス全製品共通の施工上の注意はこちら

C-1グラスの機能比較、製品へのコーティングメリットなど
詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら